ホンダのS660が4月に発売される・・・

自動車 - - NR

寒いけどオープンカーのはなし・・・

ライトウエイトスポーツ!
かつてホンダにはS360・S500・S600・S800という
オープンスポーツカーを作っていた・・・

53年前の1962年、モーターショーでS360が出品されたが市販はされなかった
その翌年にS500として市販され、S600、S800と続いた・・・

S800を持っているマニアは結構いるようでいろんなクラシックカーイベントで見かけることができるが
S500・S600は今は幻で茂木のホンダコレクションに行かないと見れない・・・

エンジンはDOHC、バイクメーカーだったホンダは駆動にプロペラシャフトではなく
クルマには珍しいチェーンを使用していた・・・

その後、1991年にSOHC660CC、ミッドシップエンジンのビートが発売された・・・
もちろん軽自動車だがフロント13インチ、リヤ14インチ、おまけに4輪ディスクの豪華仕様だった・・・

翌1992年スズキもインタークーラーターボDOHCオープンFR『カプチーノ』を出した・・・

グラスファイバーのルーフは手動で外すことができタルガトップになる。リアガラスを下げればフルオープンになった・・・

ビートとカプチーノは良きライバルだった・・・


10年後の2002年、ダイハツから初代FFコペンが発売された・・・
ルーフは贅沢に自動格納・・・軽とは思えない質感、装備が評判だった・・・

2014年2代目コペンが発売された・・・

樹脂のフェンダーや、ライトなどを別のものに変えることが出来るという、今までに無い斬新なクルマになった・・・

2014年はもう一台面白いクルマが発売された。スズキの660ccエンジンを載せたケータハムセブン160だ・・・
黄色ナンバー軽自動車仕様で価格はまさかの415万円・・・
 

S660が発売される4月が今から楽しみな、今日この頃である・・・


NR





 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM