準中型免許区分 新設へ

自動車 - - ひろ
こんにちは

免許制度については
平成19年6月からの「中型免許」が加わってますが

警察庁は新たな運転免許区分として、
3.5トン以上7.5トン未満
「準中型自動車免許」
新設する方針とのことですトラック

現在、集配などで主に使われる車で
積載量2トン貨物車に保冷設備を加えると
5トンを超えるケースが多く
中型免許が必要が必要になり、

中型免許のの受験資格は20歳 以上かつ
普通免許を取得後2年以上という条件のため
物流業界などから
高校卒の18歳以上の就職に
影響が出ているとの
指摘が出てたため

対応とのことです。

また、普通自動車での区分を狭め
3.5t以上で準中型の区分を設けることで
貨物自動車の安全性を
高める狙いもあるとのことです。

現行制度は
普通 5t未満
中型 5t以上11t未満
大型 11t以上  ですが、

改正案では
普通   3.5t未満
準中型  3.5t以上7.5t未満
中型   7.5t以上 11t未満
大型        11t以上

普通免許取得後すぐに
準中型免許を取れるということですが、
トラックの教習など
準中型取得の料金もいくらかかかるでしょうし、
高校卒18歳で準中型免許を取る方が
どれだけの数になるか、
今後気になります。




ひろ
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM