高速道路でのご注意

交通情報 - - ひろ
 こんにちは

最近は、
高速道路の割引制度や連休などで
高速道路を利用する機会が
増えてます。



皆さん知ってました?
高速道路上で
故障や事故で停車する場合は、
車両の後方に停止表示器材
三角停止表示板を置くことが
義務付けられてること



事故の場合、横向きに止まったりすると、
反射器がついて無いため、
さらに発見が遅れてしまいます。

警察庁の発表によりますと
高速道路における
交通死亡事故は増加傾向にあり
中でも、停車中に後続車両が衝突する
二次的事故が、
夜間 に多く発生しているそうです。


JAFでは、
緊急時に高速道路上に停車する際は、
ハザードランプ
三角停止表示板
発炎筒などの対策をしたあと、
車内で救援を待たず
ガードレールの外など安全な場所
避難するよう呼び掛けています。


北進部品でも、三角停止表示板、
お取扱いしてま〜す。



JAF(日本自動車連盟)のホームページには
夜間の視認性を検証した映像が
公開されたます。




ひろ

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM